Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

お金と仲良くしていますか?お金は、●と●と●の3つの切り口から考えることが重要!?

モテマインド・その他

お金と仲良くしていますか?お金は、●と●と●の3つの切り口から考えることが重要!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

お金のIQアップでマネー美人!

お金と仲良くしていますか?お金は、『つかう・ふやす・まもる』の3つの切り口から考えることが

想いを込めたお金の力は絶大です。



お金は大切です。いつでも必ず必要なもの、それがお金です。お金のIQを向上させましょう。5年後、10年後・・・そして老後まで、この知識があなたの暮らしぶりに大きな違いを産み続けます。資産運用は初めてだという方にも「お金の基礎知識」「お金の貯め方・殖やし方」「お金の守り方」をわかりやすくお話ししていきます。



お金と仲良くしていますか?お金は、『つかう・ふやす・まもる』の3つの切り口から考えることが重要です。自分と家族の夢に向かってどれ位必要なのか、どれ位の期間が必要になるかなどを知っておくだけで、夢の実現に一歩近づきます。



知ってトクする目からウロコのマネーと保険のお話し・・・少しわかりづらい、年金制度や医療制度から金融商品の活用方法などをわかりやすく解説していきます。 また、人生での買い物としては家の次に高額な「保険」の得する選び方をお伝えしていきます。



「お金」についていろいろ考える機会が多くありませんか?「収入が増えない」「老後の資金が心配、年金だけで大丈夫?」「お金を貯めたい殖やしたいけど、何から始めればいいのかわからない」「お金のこと、誰に相談すればいいの?」など、そんな悩みを解決いたします。

保険料を貯蓄に回すことができるか?

お金と仲良くしていますか?お金は、『つかう・ふやす・まもる』の3つの切り口から考えることが


日本人は、世界一保険が好きな国民


日本人は、世界一保険が好きな国民だそうです。



生命保険文化センターの2015年9月の「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」では、

一世帯当たりの生命保険の年間払い込み保険料は38万5000円。



前回の調査(2012年)のときは41万6000円でしたから、この3年間に1割近くは減ったことになります。

それでも年間38万5000円ということは毎月3万2000円ぐらいの金額になるわけですから、かなりの金額を生命保険に使っていることになります。



本来の保険の目的は、「めったに起こらないこと」だけど、もし不幸にして起きてしまったら「自分の蓄えでは到底まかなえないこと」に対応するために考えられた仕組みです。



保険が必要なのは、年齢が30歳ぐらいの若い男性で、幼い子供さんがいて奥さんは専業主婦。

こういう生計の主体者が、万が一交通事故で亡くなったら、当面の生活費に困るという場合が出てくるでしょう。この方が期間限定で生命保険に入っておくということについては、十分納得のいくところですよね。



しかし、定年退職者で子どもはとっくに独立しているということであれば、生命保険は不要ですよね。亡くなっても遺族年金や少しぐらいの蓄えはありますから奥様がが路頭に迷うことはないでしょう。最近は高齢で独身の方も多いですから、こういう方なら生命保険に入る必要性はなくなります。



年をとれば病気に対するリスクは高まり増すので、医療保険は必要ですね。

でも、本当にそうでしょうか?

民間の高い保険料の医療保険に入らなくても「健康保険」という公的な医療保険に入っていれば、高額療養費制度を利用して病気になってもわずかな負担で済みます。



そこは貯蓄で備える方が、もしかしたら賢明かもしれません。

毎月3万円を超えるお金を生命保険料に払い込んでいるという事実を考えてみると、生命保険が不要な人たちがかなり入っているような気がします。



支払った保険料の大半が戻ってこないのではないでしょうか?

保険会社が儲かるだけかも?



毎月3万円×12ヶ月×30年間=1080万円

この現金を別枠で持っているとしたらどうでしょうか?

事故や病気に備えられるのではないでしょうか?



寿命が延びたということは、亡くなる方が減ったということです。

それよりも長生きのリスクのほうが増大しているのです。



定年になれば生命保険は不要であるにもかかわらず、それでもまだ生命保険に入り続けているとしたら、その無駄な保険料が老後貧乏を招くかもしれません。



保険というのは決して「お守り」などではなく、あくまでも経済効果を考えるべき金融商品というふうに、投資的な意味も含めて合理的に判断することが大切だと思うのです。



本当に必要なのか?

もし必要ならその必要な保障額をできるだけ安いコストで得るにはどれを選べばいいか、といったことを考えることが大切なのです。



それだけの保険料を貯蓄に回し、将来に備えたり、時々は旅行やおいしい食事を楽しんだりすることに使う方がはるかに充実した生活をおくることができます。

金持ちを目指すならやるべき4選 貯金や節約…意識すべきこととは?

お金と仲良くしていますか?お金は、『つかう・ふやす・まもる』の3つの切り口から考えることが

金持ちを目指すなら「即やるべきこと」4つ


あの人とは収入は変わらないはずなのに、なぜか懐の状態は天と地の差……なんてことありませんか? それでは、お金に余裕が持てるようになるにはどのような事を心がければ良いのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。
■貯金を徹底する
・「給料が入ったら先に貯金を確保して、残りを使う」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「先取り貯金。自動積み立てや投資の引き落としなどで、自分が給料を受け取るときには、もう引き落とされている」(37歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「自分の場合は、貯金用の口座を作って、給料が入ったらまず、入れる。引き出すことをしなければ、たまっていく」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「500円玉貯金。自分が無理やり500円を作ろうとして貯めているから」(31歳/金融・証券/営業職)
まず挙がったのは、貯金を徹底するということ。貯金が苦手という人でも、ただ心がけるだけでなく決まった金額を別口座に入れてしまう先取り貯金や500円玉貯金など工夫をしています。日々きちんと貯金ができれば、お金にも余裕が持てるはずですよね。
■収支を把握している
・「毎月の収入と支出額を正確に把握していること」(39歳/その他/販売職・サービス系)
・「計画的に収支の計算ができる人」(31歳/その他/その他)
・「家計簿をつけることだと思います。毎日、簡単につけて継続することが大事だと思いました」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「家計簿をつける。お金を何に使ったか把握できなければ貯金は効率良くできないと思う」(27歳/金融・証券/専門職)
月々の収支を把握していないまま生活していると、気付かないうちに赤字になってしまうこともありますよね。しかし、家計簿をつけるなどして日々の出費を常に意識しておくことで、そのようなことは防げるはず。また、無駄遣いの反省や固定費の見直しなどもしやすくなります。
■節約を心がけている
・「自炊などでコツコツ節約すること」(30歳/マスコミ・広告/営業職)
・「お昼をお弁当持参にする。無駄な支出を省いていると思う」(35歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「日々の小さな節約。10円とか小さな節約」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
外食を控える、お弁当を持っていくようにする、買い物はスーパーを利用する、など普段の生活の中で節約を心がけるのも、出費を抑えることができるのでお金に余裕を持たせるには効果的。わずかな金額でもちりも積もれば、ですね。
■無駄遣いをしない
・「無駄にコンビニに入らない。感情的に買い物しない」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「無駄な買い物をしない、必要なときだけ買い物をする」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)
用事がないのにコンビニに寄ってしまう、その時の気分で物を買ってしまう、衝動買いをしてしまう、などといった無駄遣いの習慣がついているとお金も貯まらないですよね。必要な時以外には買い物をしない、お金を使わない人は、自然と懐に余裕があるはず。

出典 http://news.livedoor.com

趣味は貯金・・・こうなればしめたもの

さていくら貯まっているでしょうか?3年間本気で貯めた貯金箱あけてみた

なんだか恐いぞ!人面の貯金箱

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ